腸を診れば体調がわかる!大阪市北区・天満の【ナチュラル整体てんろく】では冷えや便秘と合わせて腰痛などの症状を回復していきます。

大阪市北区にある小さな整体院

ナチュラル整体てんろく

〒530-0022 大阪市北区浪花町4-20 2F

お気軽にお問合わせください

06-6374-6507
営業時間
10:00~13:00 / 14:00~20:00

更年期と骨盤の動き【男性と女性の違い】

男性の更年期と骨盤
まずはよく歩くことです。

男性の場合、年を取るにつれて骨盤の前後運動が衰えてきます。骨盤の前後運動とは、歩いたり走ったりする時の骨盤の動きです。

この前後運動の可動性がなくなると、お年寄りによく見られる歩き方、ちょこちょこ小股歩きになってしまいます。それだけではありません。
男性の更年期最大の問題、前立腺肥大ともつながっています。

小便が近くなるという代表的な症状は、この骨盤の前後運動の衰えと関係があるのです。
男性の方ならお分かりの通り、立ってオシッコをする時、少し骨盤を前に押し出しますよね。これは、骨盤を前後に動かして骨盤を柔らかくしようとしている動きです。
最近では、座ってオシッコをする方も増えているようですが、ますます前後の動きが鈍くなってしまう一抹の不安、ありますね…。
さらに、男性の性行為とも深く関わっており、前後運動が左右均等にいかなくなると、持続力が低下していくと言われています。

ですから
男性はまず、よく歩くことです。
足腰の鍛錬が、骨盤の弾力を保つことに結びつき、如いては元気で過ごせることにつながっていきます。   

女性の更年期と骨盤
左右の股関節をバランスよく柔らかく!

骨盤が開く働きがいい人、つまり股関節が柔らかい人は、からだが丈夫のような気がします。

骨盤の開閉運動とは、分かりやすい例では、妊婦さんのお尻でしょうか。妊婦前と比べると明らかに大きくなっていますよね。妊娠時だけではありません。毎月の生理の時も実は骨盤は開閉運動をしています。
開く働きがスムーズな人ほど、出産も生理もラクだというわけです。

ただその時、
開閉運動で問題となるのは左右の開き方がアンバランスである場合です。
片側だけ開いて固定されてしまうと、
太りやすくなる傾向がありますし、卵巣の働きにも影響があります。
例えば、不妊症が起こる原因は、一般的に卵巣の機能異常で、卵巣ホルモンがされなくなっているからだと言われいますが、骨盤の開閉がうまくいっていないこともあるようです。

骨盤の開閉運動の不調は、元を返せば股関節の不調です。
しっかりと、股関節をケアして柔らかくしておきたい
ですね。

ネット予約&お問い合わせ

お電話でのお問合せ&ご予約は

06-6374-6507

ご予約空枠状況(近日中)

2020/9/22(火)
  • 予約受付を終了しました。
    【※都合により、14時で営業終了しました。】                                     
2020/9/23(水)
  • 16:00~
  • 17:30~                                   
9/22(火)14:00現在

アクセス

ナチュラル整体てんろく

06-6374-6507
営業時間

 午前   10:00 ~ 13:00
 午後   14:00 ~ 20:00
【施術最終枠は、19:00~】
 ※お電話による予約受付は、
10:00 ~ 18:30となります。

住所

 〒530-0022
 大阪市北区浪花町4-20 2階

アクセス
  • JR『天満』駅より徒歩5分
  • 地下鉄『天神橋筋六丁目』駅13番出口より徒歩2分
ご予約は、お電話もしくは、インターネット予約をご利用ください。