腸を診れば体調がわかる!大阪市北区・天満の【ナチュラル整体てんろく】では冷えや便秘と合わせて腰痛などの症状を回復していきます。

大阪市北区にある小さな整体院

ナチュラル整体てんろく

〒530-0022 大阪市北区浪花町4-20 2F

お気軽にお問合わせください

06-6374-6507
営業時間
10:00~13:00 / 14:00~20:00

肩こり・首の痛みについて

「肩がこる」、「首がこって痛い」という感じ方は、人それぞれです。

  • 硬直してると感じるもの
  • 首を動かすと突っ張ると感じるもの
  • 鋭い痛みを感じるもの
  • 歯が浮いたり、吐き気、めまい、頭痛を伴って感じるもの

またはこれらが混じり合って感じられるものなど、さまざまで個人差があるようです。これは、それだけ原因が多岐にわたっているからだと考えられます。

また、寝違いによる「首の痛み」に関しても、無理な姿勢(寝相)を長時間続けた結果、関節周りの組織を傷めたからだと言われていますが、それだけでは決してありません。

なぜ、肩がこり・首の痛みが起こるのか?

考えられる原因を大まかに分けると、下記の5つが考えられます。
1つ1つ確認して、その原因を探っていきましょう。

日常の姿勢

肩こりの一番の原因が姿勢。特に長時間、同じ姿勢でいるとまず腰の硬直から始まり、背中の疲れ、そして肩甲骨周りの筋肉が硬直していきます。
特に悪いのがデスクワークなどで肩が前に入っていく姿勢(下図より)。要するに猫背です。肩の前の部分が委縮し硬直して、ひどい時は痛みが出ますが、その時には最大限に肩甲骨や腰が疲労している時だと思っていいでしょう。

kata_2.gif
kata_1.gif

腕に力を入れ過ぎ

パソコンをする、字を書く、荷物を持つ、掃除機をかけるといった腕を酷使しての二次的な影響で肩・首に力が加わり、疲労とともに力が抜けずに肩が凝る、首が凝るというものです。
自分では腕を使ってないと思ってても、座っている時、寝転んでいる時に身体を腕で支えてるなど、無意識に腕を酷使しているケースが十分に考えられます。

ストレスなど神経的な疲労

心理的な刺激も大きな理由の一つで肩や首といったところは、心理状態をよく表すものです。
例えば、がっかりすると肩を落とし首が下を向いて猫背になり、また怒ってると両肩がうえに上がっています。
首が凝ったり痛んだりするのは、不安やイライラ、心配ごとなどストレスからくる神経的な疲労によるものも考えられます。

無呼吸状態

睡眠中に起こる無呼吸症候群とは耳にしますが、これは昼間にもあります。何かに集中している時など、長い場合には数分にも及ぶと言われています。
筋肉は呼吸を吐いた時に緩むもので、深呼吸をすると吐き切った時が一番身体から力が抜ける瞬間です。つまり無呼吸状態である時、身体には無駄な力が入っていて身体が緩みません。悪い姿勢のまま無呼吸状態が長いと、身体の歪みとともに肩こりの原因になります。

食べ過ぎ

食べ過ぎが常習になると、胃のうしろにあたる背中が硬直して、関連する筋肉(僧帽筋)が緊張します。また、食べ過ぎることで消化活動する胃に血流が集中し、身体全体への血流が悪化します。疲れた身体に休息を!ストレス解消に!と、飲み食いがついつい度を過ぎると、逆に肩を凝らせる結果になります

いかがですか?心当たりのある原因は見つかりましたか?
ただ原因は必ずしも1つではなく、いくつか複数が重なりあっている可能性もあります。
その場合、かかりつけの先生としっかり話し合って、原因を特定していきましょう。

肩こり・首の痛みをどうすれば解消できるのか?

普段一人で取り組んでいること(ヒアリング結果)
  • 肩をぐるぐる回している
  • 首を回す、または首を回してポキポキ鳴らしている
  • 背中で両手を組み、大きく胸を張っている
  • 指やボールを使って、凝っている箇所を揉んでいる
  • 湿布を使っている
  • 自分に合う枕をいくつも試している
  • ストレッチや柔軟体操をしている
  • ヨガに通っている

どれも試してみる価値のある良い方法ばかりです。
もしそれで
解消しなければ、あなたの肩こりや首の痛みの原因とそのやり方がミスマッチだと考えられます。もしくは、それだけではなかなか効果が現れない程、症状が悪化していると考えられます。その場合は、無理をせず一人で悩んでいるよりも、人の手を借りてみましょう。

整体がどこまでできるのか?

もちろん、『凝っていれば、凝っている箇所を揉んでほぐしていく』ことは当然なことですが、それだけではありません。
考えられる原因の特定とともに、その原因の改善に精一杯、努めます。

日常の姿勢が原因の場合

姿勢の癖というのは、人それぞれですが、常習的に肩が凝る、首が痛いという方はほぼ腰が硬直しています。ですので腰に柔軟性が出ることをまず第一に考え、おなかや背中、肩甲骨、足などを十分にほぐしていきます。
その中で、特に肩の前の部分が委縮している方は、 ここを入念に調整して、胸鎖乳突筋という筋肉を緩めさせ、首の凝りや張りを取っていきます。

腕に力を入れ過ぎの場合

腕をしっかりとほぐします。ただ腕だけをほぐしても腕の疲れが取れないもので、例えば重たいものを持ち上げる時など、腕の力を最大限使ったとして、同時に腹筋と背筋も疲れているものです。ですので腕の疲れから起こる肩こりや首の痛みを改善するには、腹筋(おなか)と背中の疲れや張りも同時にほぐしていきます。

ストレスなど神経的な疲れの場合

ストレスは胃腸と深い関係があって、”ストレスで胃潰瘍になる”といったことは、みなさん一度は耳にしたことがあるはずです。ですから胃腸の改善からストレス解消、そして肩・首の改善を図ります。具体的には猫背になってれば背筋をのばすように!いかり肩になってれば肩が下がるように!身体全体のバランスを整え、胃腸の働きを活性化させていきます。

無呼吸状態の場合

まずおなかが全体的に固くなっていますので、おなかを入念にほぐします。
また無呼吸状態の方は、呼吸が浅く、睡眠も浅いことが多い。ですから肩の前の部分から胸にかけての緊張を取っていき、胸が張れて背筋が伸びるよう施術します。施術後は、呼吸が深くなっているはずです。

食べ過ぎの場合

背中の全体が張っているというよりは、局所的に張っていて、おなかでは胃のあたりからみぞおち、肋骨の際にかけて張っています。常に胃がつらい!重い!と訴えてる方がそうです。
肩甲骨の”内側縁”に沿って、”上角”から”下角”あたりと、首の凝りをほぐしながら、背中の張りを緩めていきます。胃は温めるように緩めていき、不快感のないよう施術します。

自分で肩甲骨を緩ませるには…

本質的には腰の改善(骨盤のバランスを整える)なくして、肩甲骨の緩みは出てきませんが、局所的に肩甲骨に柔軟性を持たせるため、「うしろ手」を組むことをお勧めします。

現に肩甲骨・首が常に硬直してる方は、このうしろ手が組めません。例えば、右の肩甲骨が前に入ってる方や、右の肩が下がっている方は、右手を下から持ってゆくと上記で述べましたが右肩の前の部分が伸びず、手が届かないのです

初めはうまく手が届かなくても、肩甲骨のストレッチになりますので、試しに続けてみて下さい。


下から持ってゆく方の手は、肩の前の付け根を伸ばし、上から持ってくる方の手は、肩甲骨の外縁を伸ばすことになります。自分のどこが硬いのかもわかってきます。理想は、左右の手が両方とも四本指で組み合わせられることです。

次は、ナチュラル整体てんろくの営業時間とアクセスについてご覧ください。

ネット予約&お問い合わせ

お電話でのお問合せ&ご予約は

06-6374-6507

ご予約空枠状況(近日中)

2020/9/22(火)
  • 予約受付を終了しました。
    【※都合により、14時で営業終了しました。】                                     
2020/9/23(水)
  • 16:00~
  • 17:30~                                   
9/22(火)14:00現在

アクセス

ナチュラル整体てんろく

06-6374-6507
営業時間

 午前   10:00 ~ 13:00
 午後   14:00 ~ 20:00
【施術最終枠は、19:00~】
 ※お電話による予約受付は、
10:00 ~ 18:30となります。

住所

 〒530-0022
 大阪市北区浪花町4-20 2階

アクセス
  • JR『天満』駅より徒歩5分
  • 地下鉄『天神橋筋六丁目』駅13番出口より徒歩2分
ご予約は、お電話もしくは、インターネット予約をご利用ください。