腸を診れば体調がわかる!大阪市北区・天満の【ナチュラル整体てんろく】では冷えや便秘と合わせて腰痛などの症状を回復していきます。

大阪市北区にある小さな整体院

ナチュラル整体てんろく

〒530-0022 大阪市北区浪花町4-20 2F

お気軽にお問合わせください

06-6374-6507
営業時間
10:00~13:00 / 14:00~20:00

あなたの腰痛はどんな痛み?(腰痛悪化のパターン)

まず、あなたの腰痛はどの段階の痛みですか?
それは身体ではどんな状態なのかを確認していきましょう。

仙腸関節の機能異常

まず同じ姿勢を長時間続ける習慣、悪い姿勢の習慣などにより、仙腸関節に機能異常が生じます。”なんとなく腰が重いという状態がこれにあたります。

身体を支えている背中の脊柱起立筋が疲労を起こし、身体が疲れやすくなります。

筋筋膜性腰痛

次に腰のこり、だるさ、中腰の姿勢のつらさ、違和感、軽い痛みなどが起こります。

この筋筋膜性腰痛が長引くと、腰椎にも無理が掛かり始めるため、椎間板が疲弊してきます。ぎっくり腰(急性腰痛)の起こる可能性が高くなります。
脊柱起立筋が疲労硬直し、次第におなかにある腹直筋も疲労し始めます。

椎間板症

そして腰の左右どちらか、もしくは左右両方の痛み、重さやだるさが出てきます。人によっては足にしびれが起こります。姿勢としては特に前かがみになるのがつらい。

おなかの腹直筋が疲労硬直するにつれ、身体を曲げたり腰を反ったりする動きの主軸でおなかの筋肉、腸腰筋という筋肉までも疲労しています。痛みやしびれがひどくなり、病院や整骨院、整体などの民間療法を受診するのがこの段階です。

※脊椎にはそれぞれ骨が擦れ合わないために”座布団”のような役目をする椎間板があります。その内部にはゼラチン状の髄核という物質が入っていますが、悪い姿勢などの原因から、椎間板の一部が体の重みに耐えきれなくなって内部の髄核が押しつぶされてしまいます。これが椎間板症です。

椎間板ヘルニア

さらに症状が悪化してくると、咳やくしゃみをすると響くような腰の痛みがでてきます。足やおしりのしびれ、痛みを伴うことがあり、長い時間座っていたり、同じ姿勢をとることができなくなります。

この段階までくると、背中、おなかのほとんどの筋肉が硬直しているため、身体の可動性がなくなり、全身が硬く感じます。

※髄核が押しつぶされた結果、椎間板内部におさまっているはずの髄核が外へはみ出してしまう状態。これが椎間板ヘルニアです。
軽い程度から手術が必要な程まで幅広く、痛みがない方も大勢いらっしゃいます。

その他の腰痛の症状として…

腰椎分離症・腰椎すべり症

腰を反らすと腰の真ん中が痛い。おしりが痛い。朝起きた時などの動き始めが痛い

【原因】激しいスポーツなど、背中を反る”無理な動き”を続けてきたことで、腰椎の突起が疲労骨折を起こしてしまうと考えられます。また30代〜40代になって、腰椎を守る力が衰えたことで、腰椎が荷重や衝撃を支えられなくなり、いつの間にか疲労骨折を起こしてしまうケースもあります。

※腰椎分離症は、突起にひびが入って断裂した状態。腰椎すべり症の方は、その突起がずれてしまった状態のことをいいます。

脊柱管狭窄症

歩き始めて数分で腰の痛みや足のしびれがひどくなり、歩けなくなってしまう。
特に腰を伸ばして歩こうとすると痛く、腰を丸め、前かがみになって歩くのは割合ラクです。また痛くても少し休むと再び歩けるようになるのが特徴です。

【原因】脊柱管とは、脊髄や神経が通っている背骨の内側の管のこと。この脊柱管が狭められてくるのは、加齢によって次第に腰椎や椎間関節が変形してくるからです。中でも背筋を伸ばす動きが日常から多く、身体の重心を後ろ寄りに乗せている人に発症しやすい傾向があります。

なぜ、腰痛は起こるのか?

まず、2013年3月24日付けの朝日新聞に日本の腰痛人口は2800万人。成人3人に1人以上は腰痛に悩まされていると発表されていました。さらに、その約8割が原因不明だそうです。
つまり病院で椎間板ヘルニアなどはっきりと診断されるのは約2割。そのほとんどが解明されていないのです。

・姿勢を中心とする生活習慣
・食事を中心とする生活習慣
・運動不足
・ストレスなど

考えられる要因はいくつもあるのに自分ではっきりと断定できるものは何ひとつないのです。
実はそういう時に、整体というものがあるんじゃないかと思っていて、
骨盤のゆがみや筋肉の伸縮・硬直というところから、原因を探っていけるのが整体だと思っています。

そんな腰痛をどうすれば克服できるのか?

普段一人で取り組んでいること(ヒアリング結果)
  • しっかりお風呂の湯船で浸かる
  • 腰痛体操やストレッチをする
  • 湿布や鎮痛剤(痛み止め)を使う
  • 指やボールを使って、痛い箇所をほぐす
  • ウォーキングなど運動量を増やす
  • 猫背なので、背中を反らしている
  • 姿勢に気を付けている

どれも身体を思いやった素晴らしいことです。決して間違っていません。
ただ足らないとすれば、
実践するタイミングとそのやり方です。それが重要です!
むやみにするのではなく…

お一人ひとり腰痛の状態と体質に合ったやり方で実践することが大切!
  • 急性の場合は温めない。風呂で湯船に浸かるのは炎症が収まってからが鉄則。
  • 体操やストレッチは『仙腸関節の機能異常』と『筋筋膜性腰痛』のレベル迄。
  • 指やボールを使ってほぐすのは痛い箇所でなく、痛みの原因となってる箇所。
  • 腰痛時に、腰を反らすのは火に油を注ぐようなもの。
  • 姿勢を気を付けると言っても身体の動きはさまざまですべてを気を付けるのは無理。まずは腰痛克服に効果が一番あると考えられるところ(姿勢)から。

つまり『わたしの身体には、いつ何をどうすればいいのか?』ということが重要そのために
①痛い箇所だけを診るのではなくて全身を診ていくこと
②カウンセリング

がどうしても必要になります。もちろん時間も必要となってきます。
でも、
それができるのが“整体”なのだと考えています。

整体がどこまでできるのか?

整体でも100%腰痛を改善できることはありません。それは病院で、手術をしたからといって100%の方が治るという訳ではないのと同じです。整体にも限界があります。
しかし、
手を尽くしあらゆるケースを想定し、その時その時を精一杯施術します。

これは、経験から言えることですが、少なくとも骨盤の歪み(身体の正面から見れば、おなかの歪み)が起因している腰痛に関しては、ほとんどの方が腰痛を克服、もしくは痛みを軽減できています。

なぜなら施術のみならず、患者さん自身の力(克服しようとする強い想い)があるからです。先ほど上記でも言いましたが、『わたしの身体には、いつ何をどうすればいいのか?』を明確にできるので、施術以外の場面でも、患者さん自身が身体に負担を掛けない生活習慣を身に付いていただけてるからだと信じてなりません。
整体が、あなたのお悩みの腰痛克服に、お手伝いいたします。

コルセットの正しい使い方!

腰を痛めた時、コルセット(骨盤ベルト)で一時的に痛みを軽減させるというのは有効的な方法の一つ。

ただ、その使い方が大切です。
予防のためといい、我慢できる痛みであっても身につけていたり、毎日長時間、当たり前のようにコルセットをしている方がいらっしゃいますが元々、コルセットで痛みを軽減できても根本改善にはならないものです。

コルセットをしていれば、身体の動きを制限できて腰への負担を減らせる分、痛みが楽です。精神的にも安心できて落ち着くかもしれません。
しかし、根本的な痛みの原因は、骨盤の歪みとも大きな関わりがあります。
歪んだ状態で、固定させたのでは改善の方向に一向に向かいません。

それに締め付けているのですから、おなか(腸)の血行が悪くなってしまいますし、
何より、
常習的に一日中していると本来、骨盤を安定させ守る仕事をしている腹筋と背筋が極端に弱ってきます。

コルセットの正しい使い方としては、我慢できないような痛みがあるにも関わらず、どうしても身体を動かさないといけないような場合に、一日2〜3時間だけ身に付けるというのが理想です。
とはいえ、痛みにいつも理想論が通用するとは限りません。
腰にとって負担の少ない身体の使い方、ストレッチなどアドバイスさせて頂きますので、その時はお気軽にご相談してみて下さい。

次は、ナチュラル整体てんろくの営業時間とアクセスにご覧ください。

ネット予約&お問い合わせ

お電話でのお問合せ&ご予約は

06-6374-6507

ご予約空枠状況(近日中)

2020/9/22(火)
  • 予約受付を終了しました。
    【※都合により、14時で営業終了しました。】                                     
2020/9/23(水)
  • 16:00~
  • 17:30~                                   
9/22(火)14:00現在

アクセス

ナチュラル整体てんろく

06-6374-6507
営業時間

 午前   10:00 ~ 13:00
 午後   14:00 ~ 20:00
【施術最終枠は、19:00~】
 ※お電話による予約受付は、
10:00 ~ 18:30となります。

住所

 〒530-0022
 大阪市北区浪花町4-20 2階

アクセス
  • JR『天満』駅より徒歩5分
  • 地下鉄『天神橋筋六丁目』駅13番出口より徒歩2分
ご予約は、お電話もしくは、インターネット予約をご利用ください。